へのへのへのじ育児log

へのじ口の赤子 ごあいさつ

お口が「への字」な息子・へのじくんの日々を、いっぱいいっぱいな母が綴ります。

初めまして。sachitaと申します。

2020年1月現在、1歳2ヶ月の男の子のママです。

簡単に自己紹介します。

妊娠初期から2ヶ月以上出血が止まらず「切迫流産」と診断され、出血が止まった後は順調に妊娠生活を送るも、31週、前期破水からの緊急入院で「切迫早産」、羊水は漏れ続けてましたが3週間もち、35週で無事2002gの男の子を出産しました。

なぜ私がブログを書こうと思ったのか。それは、

どこかにいるかもしれない、過去の自分と同じような不安をもつ方へ、大丈夫だよ、と伝えたいからです。

妊娠中、切迫流産と言われた時。31週(いつ産まれてもおかしくないとされる”正産期”は37週0日から41周6日)で破水してしまった時。

私はすっごく不安になりました。

今、どういう状態なのか、赤ちゃんは大丈夫なのか。

不安で不安でたくさんの情報をインターネットで調べました。誰かに、大丈夫だよ、と言って欲しくて。

インターネットにはたくさんの情報があります。客観的な医学知識が書いてあるものもあれば、逆に見れば見るほど不安になるものもありました。

その中で私を安心させてくれたのは、色々あったけど大丈夫でしたよ、という体験談。

不安なとき、たくさんの大丈夫だった体験談を読んで、心を落ち着かせることができました。

このブログは過去の自分に向けて書いています。

医学的な知識はありませんし、根拠なく無責任に大丈夫と保証するものでもありません。あくまでも私の場合は、という一つの体験談です。

どこかにいるかもしれない、過去の自分と同じような不安をもつ方に、このブログが一つの体験談として、少しでも不安を和らげる一助になればと思います。

大丈夫だったよ。今、超絶元気だよ。毎日よく遊んでよく笑って、皆を笑顔にしているよ。

息子は小さな小さな新生児のときからお口を「への字」にキュッと結んで寝ていました。

NICUの看護師さんに「キュッと結んだお口が、意思が強そうで可愛いですね」と言ってもらったのが印象的でしたので、ここでは息子を「へのじくん」と呼ぼうと思います。

妊娠、出産、育児、その他にも住宅購入、ミニマリストを目指す道など、絵やマンガを交えつつ、ゆるっと綴ります。

意思の弱いぐうたらな母ですが、への字の息子を見習って、頑張って発信したいと思います。

それでは、へのじくんと、いっぱいいっぱいな母との日々をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました